ファンメッセージ

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

内容

メッセージの書き込み受付は、終了しました
バックナンバー:
1234567891011121314151617181920 |*21 | 222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293
お疲れ様でした。
サンのかーちゃん様 (50)・女性
出演者、ならびにスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。テレビ番組を、翌週の放送まで心待ちにするなんて、子供の時以来です。本当に良いドラマを観させていただきました。   最終話に関しては、このページのみならず、いろんなところでも賛否両論あるようですが、私は半沢直樹の出向は、ステップアップの為の布石だと確信しています。 花ちゃんが、自作のネジを直樹に渡す時に言っていた「銀行を変えていくためには、外から銀行を見るのも必要。」の言葉は、まさに伏線だと思います。 安易な予定調和で終わらせなくても、先にはハッピーエンドが待っていると信じております。
2013.9.24. Tue. 1:00:15
ストロングな演技力で目の覚める様な物語に感動(^O^)
さくら様 (52)・女性
堺雅人さんの凄く綺麗な顔と演技力で今までもファンでしたが、香川さんの素晴らしさにもはまり、愛之助さんにもはまり、海老蔵さんとの岡村出演放送まで、見てしまうほど、久々にはまりました。日曜日は時間を気にせず、テレビを見たいので、いつも録画して、じっくり見ていたのですが、
ここまではまると、視聴率がきにかかり、録画しつつ、最終回の始まる時間には用事を済ませ、少しでも、こんなに感動させてくれる役者さんたちを視聴率で評価されるのなら、しっかりその時間にテレビとしてちゃんと見ようと時間を作り、最終回を見ました。是非、半沢直樹が頭取になれるまで、続編を作って頂きたいなぁと心から思います、IT時代になって、メールやラインで意思を伝える時代になったからこそ、日本人が忘れてならない心を思い出したような気がします。ありがとうございました
2013.9.24. Tue. 0:56:52
楽しみだった日曜日
17178様・女性
日本のドラマがつまらなくてここ数年は海外ドラマばかり見ていましたが、久しぶりに見応えのあるドラマに出会えました。
そしていつも日曜の夜は気持ちが沈んでいたのですが、この夏の間は楽しく過ごすことが出来ました。

毎週神経を集中して見ていたのでいつの間にか私も眉間にしわが寄っていたり、見終わった後は良い意味で何とも言えない疲労感が残りました。

最終回の取締役会議シーンでは堺さんと香川さんの鬼気迫る迫真の演技を見て言葉が出ませんでした。
また岸川部長の鬱積も痛いほど伝わってきました。
まるでドラマではなく映画を見ているようで、改めて俳優さんの演技力に感動させられました。
さらに同期の二人や黒崎検査官などもそれぞれのキャラが際立っていて良かったです。

私を含めてここまで多くの方に愛されるドラマを制作して下さってありがとうございました。
つい続編を期待してしまいますが、キャスト・スタッフの皆様ひとまずお疲れ様でした!
2013.9.24. Tue. 0:53:00
最高のドラマでした
タクピョン様 (19)・女性
色々な方のmessageを拝見しながらやっと納得できたきがします。出向の…意味
正義を貫くとしても、100倍の御返しとして行動をとったことが全て正しいとはいいきれない。
人をみる…あの一言は深かったです。
2013.9.24. Tue. 0:47:33
想像しています
鳥取県に来てね様・女性
辞令のシーンでは半沢さんが最後に何か一言言ってくれたらいいのにと思っていましたが、時間が経つにつれ気持ちも落ち着きました。
今は「あの後、半沢さんはどのようにして花や仲間に辞令の内容を伝えたのだろう?」「そのときの彼らの反応は?」などいろいろイメージして楽しむ自分がいます。
それだけこのドラマでは人物像や関係が、細かくていねいに描かれていたのだと思いました。原作・脚本・役者さん・スタッフの高い力を感じます。楽しませていただきました。ありがとうございました。
2013.9.24. Tue. 0:42:05
大学
慶大おやじ様 (40)・男性
誰かが、半沢は神戸大か・・・と言っていましたが、半沢は我が慶応義塾大学卒業でした。
それが分かるシーンは、八話目最後のシーンで、大和田がきっつい表情で、半沢、渡真利、近藤の履歴書を見ているシーンがあって、ちらっと半沢の出身大学が垣間見えます。一度確認くださいませ。

印象的なシーンはやっぱ5話目の空中庭園屋上でのシーンですね、まさしく僕の地元ですので(歩いて3分くらいで着く)、すごく親近感がわきました。

続編おおいに期待します。
2013.9.24. Tue. 0:32:08
チーム半沢のみなさん、ありがとう!
Emily様・女性
このドラマに携わったみなさん、最高のドラマをありがとうございました!

正直、当初は予告のCMを見た時、非常に堅苦しいそうな印象を受け、自分は見ないと思っていました。
しかし、予想以上にハマってしまいました!(笑)
正直、このドラマを通して初めて知る俳優の方が多かったのですが、そんな事関係ありませんでした。もう、みなさんの芝居が凄すぎると素人として感じました。なぜなら、一人一人の演じられるシーンに完全に私自身がはまっていたからです。

因果応報・・・これは私も全く同感です。良い行いも悪い行いも、必ず自分に返ってくると自分の中で改めて再認識させられました。

最後のシーンである出向の辞令は、めっちゃびっくりしました。(笑)でもそこで花ちゃんのセリフを思い出しました。
「出向になれば、外から銀行みれるわけだし、銀行を変えていくのにいい経験になるんじゃない?」

この言葉通り、出向することで、半沢直樹は更にパワーアップすると私、信じたいです(笑)

地上波での続編を勝手に楽しみにしながら、私自身、目の前の課題に一つずつ取り組んで、少しでも会社に貢献できる人を目指して、がんばっていきます。

本当に10話、最高でした!
心から、ありがとうございました!
2013.9.24. Tue. 0:15:59
プロット考
水ちゃん様・男性
 ラストの演出なんですが、原作本を脚色したシナリオなのですから、プロット自体は弄れないとは思えますが、ひと工夫のデフォルメが欲しかった・・と、私見ながら結論づけさせて戴きました。

 脚本は

○頭取が辞令で証券会社への出向を命じる
     ↓
○了解した後、頭取を睨む半沢直樹の視線
     ↓
○ エンド・ロール

 でしたが、そのあと

頭取「戻って来るのを楽しみにしているよ…(厳然とした表情が顔から消え、笑みを浮かべて)」
     ↓
○頭取を睨む半沢直樹の視線が緩み、温情に笑みを浮かべる半沢。頬を伝う一筋の泪
     ↓
○ エンド・ロール

 と、デフォルメして欲しかったのです。これくらいは、許容範囲では…と思えました。^^
2013.9.24. Tue. 0:14:46

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.