ファンメッセージ

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

内容

メッセージの書き込み受付は、終了しました
バックナンバー:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546 |*47 | 48495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293
最終回
ナナ様・女性
最終回見ました。
キャストの皆様、スタッフの皆様、素晴らしいドラマでした。

原作通りのラストでしたね。
でも、最後に「続編決定!」等のアナウンスもなく、あの終わり方では
最後まで見ていた視聴者に不親切ではないでしょうか。
続編がまだ本決まりになっていない現状であれば、また違ったラストシーンに
した方が良かったかなと思います。

最終回もきっと高視聴率でしょう。
堺さんを始め皆さんの演技は素晴らしく引き込まれました。
が、高視聴率を意識してか、後半はどんどん過剰になっていったような気がします。
時枝調査役の暴れぶり、金融庁検査の歓声等々。

このドラマでは、女性陣は最後まで都合のいい存在でしたね。
特に花。いつも明るく料理も完璧、常に半沢を応援しピンチとなれば窮地を救う活躍をする。
見た目から夫婦らしさがない、ファンタジーですよね。
原作通りなら、そんなに出番がないので気にならなかったと思うのですが。

もし「ロスジェネの逆襲」の映像化があるのなら、スーツを着てひたすら闘う半沢の姿が見たいです。
よろしくお願いします。
2013.9.23. Mon. 11:07:37
岸川部長
パンテーラ様 (48)・男性
岸川部長の演技は見ごたえがあった。
金八先生の数学の先生をやっていたのかな?
同一人物に見えなくて、後で知り驚きです。
最後の最後に人間臭いところが見えて、ほっとしました。
詰め腹を一人で切らされて、むしろやりきれない最後でした。
岸川部長も中野渡頭取と大和田常務に倍返しだ!!

森田順平さん、全身全霊の演技ありがとうございました。

最終回のTVドラマ史上、最大の演劇合戦は久々に私をTVのある茶の間に釘付けにさせてくれました。

スタッフの皆様には、またどこかでこれを超える演劇合戦を見せて欲しいです。
宜しくお願いします。
2013.9.23. Mon. 11:05:49
当然、To Be Continued ですよね?
花は華様・女性
半沢ドラマ関係者のみなさん、すばらしいドラマをありがとうございます。
今回は、ドラマにかかわっている裏方の様子も知ることができてドラマの進展とともに2倍も3倍も楽しむことができました。
ありがとう!!
でもね、あの終わり方はあんまりです。
つまり、続編ということですか?
それとも、ああいう終り方ですか?
あああ、すっきりしないです。
もう、いらいらします。
このいらいらが爆発する前に、速攻で続編をお願いします。
堺さんが忙しいのは重々承知しています。
だけど、このドラマは完結させないと消化不良で具合悪くなりそうです。

ああ、久しぶりに見る勧善懲悪のストーリーと思ってたんだけど・・・。
この思い、なんとかしないとおさまりません!!!

よろしくお願いします!!
2013.9.23. Mon. 11:04:23
去って行った半沢直樹
YU様・女性
昨日は全然寝付けなかったでーす。
さっき起きた・・・(^^)
あ〜本当に終わってしまったんだなーと。
また来週から日曜日の夜の
あの憂欝、何とも言えない不安感が
戻ってくるかと思うと・・・
早く続編見たいです!
この3ヶ月間は半沢直樹のおかげで
活力が半端なかったです。
ドラマの音楽に合わせて素早く動いたり。

半沢さんにまた会えると信じて待っています。
2013.9.23. Mon. 11:02:08
半沢は救われた、頭取に
ぜんざわなおき様・男性
これからも学ぶんでしょう。
私怨とことん吐き出さなければ、次というか、役職ではなく人として、更なる上へ進めなかったんじゃなかろーか、通過儀礼。
善悪の対比での半沢と大和田だが、暴露に血道をあげてしまっている主人公、相手とどんだけ違いがあんのとも思った。
世の中、善悪以外の基準もある、シンプルに 上手いと下手。2人に増して一番上手かった、流石は頭取。
自宅で 古い邦画を観ている常務、ごめんの一言もなしに、画面を遮って立ったまま金の工面を頼む、てか命令する夫人。直樹と花とは対照的な関係を、東京物語という家族物語の古典を使用する事で、見事に表現していたと思います。
楽しかったです、ありがとう!
2013.9.23. Mon. 11:00:36
ロスジェネの逆襲!
tomo様・女性
原作ファンです。

好きな本が映像化されることは、よくありますが、少なからずイメージが崩れるので(それはしょうがない部分もあると思います)、いつも映像の方はあまり真剣に見ません。しかし、半沢はどんどん真剣に、ハマっていきました。

原作では、3作目のロスジェネの逆襲が一番好きです。東京セントラル証券でも半沢節は変わらず、今度の敵(?)は銀行そのもの!最高に面白いです。

続編を期待しています!!^^
2013.9.23. Mon. 10:58:02
予想通りの結末
ケロちゃん様・女性
原作通りであり、予想通りの結末だったけど、私としては大満足。こうでなければいけないと思っていました。ファンタジーに現実を思い出したように付け加えたような感じですよね。
正直いって、私は半沢はあまり好きではなかったけど、今回同期の近藤の立場になって考えて心底許したり、父親のエピソード(テレビ局が大げさに作り替えている)から考えて、父親の敵のいる銀行に入ること自体理解できなかったし、ただ単に敵打ちのために銀行に入るというのも何やら浅はかな感じがしていたのですが、自分が上の位について銀行を変えたいという言葉には共感を得ました。最終目的は銀行を変えたいことだったのですね。これを聞いて半沢を見なおしたし、はじめて応援したくなりました。
やはり頭取は凄い人でした。北大路さんが演じているから人格者に見えるのが盲点だったのではないかと。大和田常務にしても半沢にしても頭取と比べればまだまだ届かないですよ。別の見かたをすれば頭取も半沢同様恨みを買っている人はたくさんいるハズ。私が思うに黒崎もその一人だと思っているのですけど(女性の婚約者はショック。これも原作どおりですが出来れば改変するか外してほしかった)。テレビには出していないけど、黒崎も父親がらみの恨みを銀行に(頭取側の方)対して持っています。その当事者が頭取かどうかはわかりませんけど。
着物の痛快娯楽劇なら、完全な勧善超悪劇物でいいのだけれど、スーツともなれば最後に特をするのは頭取というのも入れておかなければ単に安っぽいドラマで終わってしまうと思いました。
2013.9.23. Mon. 10:49:24
おもしろい今年最高のドラマ
レイチェル様・女性
壮絶な取締役会のシーンでした。
堺さんの半沢、香川さん常務を土下座させたところは凄かったです。
北大路さんの頭取役
存在感も圧巻でした。
ご三方は役者の格が違いますね

半沢が東京セントラル証券に出向させられてそこから銀行員に戻るまでの新たなる
闘いを映画で見てみたいと感じました。

ひさしぶりにおもしろいドラマを
見たおもいです。
続編も楽しみにしてます。
2013.9.23. Mon. 10:47:39

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.