ファンメッセージ

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

内容

メッセージの書き込み受付は、終了しました
バックナンバー:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758 |*59 | 60616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293
続編待ってます\(^o^)/
ちこ様・女性
もう席を立つことも忘れるほど、素晴らしい85分でした!緊迫感も、アクション映画なみ!

前半の半沢と近藤の場面で、大いに泣き、
半沢の器の大きさを改めて感じつつ、近藤の「申し訳ない!」という思いも受け止めて、実にいい堺雅人さんと滝藤賢一さんの二人芝居。銀行員としての矜持を問いかける堺さんと滝藤さんに心打たれました。

そして香川さんと堺さんとの対決。半沢の父の死の真相が明らかになるにつれて、大和田への憎しみが頂点に。「あなたに関しては・・・100倍返しだ!」堺さんの怒号がすさまじかったですね。

次々に明るみになる意外な新事実。岸川部長の娘の結婚、そしてその相手が黒崎という事実!狸はあちこちにいるのですね。

そして運命の役員会!!ドラマ史に残る堺さんと香川さんの熱いバトル、最高でした!堺さんの涙、「大和田!やれ!」の絶唱、そして香川さんの土下座の憤懣やるかたない姿。緊迫感あふれる映像に、すっかり見入ってしまいました。

ラストについては原作通りなので、あまりショックはうけていません。ぜひ続編「ロスジェネの逆襲」の映像化を待っています!!

素晴らしい感動をありがとう\(^o^)/
2013.9.23. Mon. 5:27:36
策士は頭取
かぼちゃ様・女性
一番の策士は頭取だった、切れ者ゆえに頭取の座にいるのだと。
また、タミヤ電機のその後が気になりました。
とは言え、こんなにも日曜日が待ち遠しい3ヶ月は久しぶりでした。
作品に関わった皆様、お疲れ様でした。
続編は、局の上層部から視聴率云々と言われるでしょうが、高望みせず今回と同じプロセスで作って頂きたいです。
続編に備えてロスジェネの予習をして準備万端にしておきます☆
2013.9.23. Mon. 4:37:23
ラストシーン
さくら様 (49)・女性
花からは「副部長さん」と呼ばれ、同期からは「二階級昇進も有り得る」と目され、「頭取がお呼びだ」と笑顔で送り出す上司・部下の期待を背に、半沢は「昇格人事」を疑わず軽快な足取りで頭取室へ向かいます。
浮き足立った半沢が手にするもの…それは「労いと戒め」そして「出向」…決してご褒美では無かったのです。
頭取の意図は「降格だ、昇格だ」と、銀行員としての小さな天下取り合戦を超えたところにあるのだと私は思います。
半沢は一瞬驚きはしたものの、ラスト…あの表情…復讐を終えせいせいした魂…ともすると安泰に座そうとする自分の魂に、再び闘志が降り注がれた瞬間を見せてくれたのではないでしょうか。
2013.9.23. Mon. 4:00:19
大和田の悲哀
座敷犬様・男性
商才の欠片もなく、夫である大和田の後ろ盾を得て無邪気に道楽商売に勤しんでいる棚橋貴子。

大和田は妻が作った負債を返済すべく自宅を担保にしてありったけの借金をすることとなり、挙句の果てには街金にも手を出すまでに追い込まれた。しかしそれでも返済することが出来ない事態となり、京橋支店の当時の支店長であった岸川に対してタミヤ電機に3000万円を融資することを命じた。その上で、タミヤ電機の社長に対しては棚橋貴子が経営する会社にその3000万円を迂回融資するように圧力をかけた。

そんな夫の苦労も省みず、服の仕入れのためにイタリアに行く資金として100万円を無心する棚橋貴子。苦々しい形相の大和田。

この破綻した夫婦関係、愚妻を持った大和田の苦悩が伝わってくる。いくら切れ者の大和田でも、この愚妻の悪癖を直すことは不可能である。しかも銀行員としての自分の立場も脅かされることに。このように考えると、大和田も可哀そうな男である。
2013.9.23. Mon. 3:58:36
続編を
サプリ様・男性
そしてスピンオフを見たいです。
もっともっと見ていたかった。
2013.9.23. Mon. 3:42:21
近藤役の滝藤さん
花ちゃんに共感様 (40)・女性
近藤役の滝藤さん、最初から最後までその演技に釘付けでした。
揺れ動く難しい役だと思いますが、細かい部分の表情だとかその変化など本当に表現が素晴らしかったです。 今後のご活躍を楽しみにしております。
2013.9.23. Mon. 3:39:20
ジャイ監督さまへ
エアドヌス様 (38)・女性
ジャイさま、

インタビュー拝見いたしました。半沢が頭取になられるまで撮影をしていきたいとの事、とても嬉しくおもいました。
私は幼少の頃より数々のドラマを見てきましたがこのドラマ『半沢直樹』は私のとって今まで見た中で1、2を誇る名作ドラマです。ジャイさんはじめ監督の皆さんの細やかでありながら大胆な撮り方、出演者の皆様の役に対する熱意等々本当に素晴らしいですね。特に香川さん、片岡さん、滝藤さんそして主役の堺さんの演技には脱帽です。本当に素晴らしい。
ほんとうに素晴らしいドラマを有り難うございます。すぐに続編になると思いますが(希望です!)どうぞ皆様健康に気をつけて次の撮影に入ってください。またお会いできるのを心待ちにしています。
2013.9.23. Mon. 3:38:17
息をしてなかったー
ゆっぴー様 (31)・女性
最後の半沢出向の意味を、主人と考えて、もどかしい夜を過ごしております。笑。

半沢の行いは悪をも改めさせるもので、
沢山の人を善に導いたことは間違いありません。

しかし、復讐は次の復讐をうむ、ということも
最後のシーンで伝えたかったのでは
と受けとりました。

ドラマの行間を読む。非常に楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました!
2013.9.23. Mon. 3:38:05

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.