ファンメッセージ

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

内容

メッセージの書き込み受付は、終了しました
バックナンバー:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758596061626364656667 |*68 | 69707172737475767778798081828384858687888990919293
ありがとうございました!
こま様 (37)・女性
キャストの皆様、スタッフの皆様ありがとうございました!俳優の皆様全員が素晴らしかったです!特に同期組三人がよかったです!堺さんは勿論、。カメレオン的演技派滝藤さん、イケメンなのに一々可愛い及川さん。三人には癒され、時には胸を熱くさせられました。同期組、永遠なれ!
2013.9.23. Mon. 0:50:27
お疲れ様でした!!
ミーコ様・女性
最後に半沢が証券会社に出向???
ちと、首をかしげるような結末ですが・・・
これが、現実なのでしょうね?

あっ!!次に行く出向先の証券会社も色々「?」疑惑等々あるから?それを又正して、世の中の悪を退治する?(ちと、オーバーですが)そんな続編を作るのかな?なんて勝手な期待をしていたり。しかし、香川照之さんの演技、久しぶりに見ましたが、素晴らしい役者さんになりましたね!!今回のドラマで香川さんを見る事が出来て本当に面白かったです!!
2013.9.23. Mon. 0:47:23
次シーズンに期待!
スノーホワイト様・女性
何で土下座にこだわるの?と、大阪の支店長に強要した頃から少し心が離れていました。でも、最終回を見て見て納得しました。この土下座がこの物語のポイントだったんだと。

大和田常務を追い落とすのに一心になってしまって、半沢は組織人を逸脱してしまったんですね。それを頭取に見抜かれた。これが今回の着地点だとすると、私は見事にだまされた!という思いです。
どんな逆襲になるのか、次シーズンへの期待がふくらみます!

関係ないけど、プリウスのCMよかったな〜。後ろからそっと抱きしめるなんて反則じゃあないスか。う〜ん、なんかいいねぇ〜。(ひとりごと)
2013.9.23. Mon. 0:47:10
半沢直樹ロス
yona様・女性
怒濤の100倍返し!泣きました。
こんな凄いドラマが終わってしまって、しばらく半沢病から抜け出せないと思います。
最後の出向の件も、頭取が一枚も二枚も役者が上ということで、出向でダメになる半沢じゃないでしょ!
華々しい返り咲きを期待して、次の倍返しを待っています。
2013.9.23. Mon. 0:46:58
最高でした!
堺さん大好き3児のママ様 (35)・女性
とても衝撃的な結末!!えー!!!なんでー!!!!って思いながら…それでも何だかワクワクしてる自分がいました!このまま、大人しくしてないですよね???半沢さん!って感じで…(笑)

素晴らしい最終回でした!このスッキリしない感が逆に憎らしいほど「半沢直樹」らしくて、私は満足です!

キャストのみなさん、スタッフのみなさん本当にお疲れ様でした!そして素晴らしいドラマをありがとうございました。私の人生の中で、ナンバーワンのドラマになりました。続編お待ちしております(*^_^*)いつまでも待ってますよ!
2013.9.23. Mon. 0:45:38
待ってます
hgf様・女性
映画ではなく、テレビで続編をお願いします。続編初回の視聴率すごそうでしょう?
2013.9.23. Mon. 0:45:18
シリーズ化
エンドレス様 (45)・男性
続編どこかシリーズ化を熱望します。
まずは、ロスジェネ、そして銀翼、その後は
池井戸さんに頑張って頂いて!
2013.9.23. Mon. 0:44:04
何故めでたし、めでたしではないのか。
経営者様 (70)・男性
この物語はある意味現代のかたき討ちである。父親を殺した男を追い詰めて最後は仕留めた私怨の物語である。

しかし大部分の視聴者は半沢の切った張った
姿に感動しだから当然最後はめでたしめでたしで終わるものと思っていた。水戸黄門や大岡越前では最後は必ず悪が滅び正義が勝つことで溜飲を下げることができた。

私怨を持ち込んだ半沢は組織や上司や役人までも認めなかった。このつけは大きい。最後に頭取が出向を命じたのはこの物語がおとぎ話ではなく当たり前の話であることを伝えた。

ただ大部分の視聴者はおとぎ話で終わってほしかったようだ。

また半沢自身もエンディングの表情が複雑であったので頭取を読み間違えしたと判断した。そして続編は必ずあると確信した。

全編を通して特に最終回は秀逸な法廷劇であった。
2013.9.23. Mon. 0:43:38

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.