言えるものなら言ってみたい!

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

内容

会社でのうっぷん、家庭でのうっぷん、やられてもやられっぱなし、言いたくても言えないのが人の世の常。

でも、言えないことは決して文句だけじゃない、今は口に出せないけれど、いつかは言えればいいなと思うこともひとつやふたつ、秘めているもの。
謙虚な気持ちで飲み込んで、受けた恩はいつか黙って倍返し。まだ言えないあんなことやこんなこと、ここで予行練習してみてください。

第3回:パートナーに告白したい!
夫、妻、彼氏、彼女。どんなに長い付き合いでも、隠していることの一つやふたつ、必ずある。
今だから言えること、まだ言えないけれどいずれ話そうと思っていること、
そしてなかなか口には出せない愛の言葉、あの日いえなかったプロポーズ
半沢さん夫婦のように、告白することで絆が深まることもある。
今回は優しい気持ちでこれまで相手へ隠していたことを告白してみてください。今なら時効で許してもらえることもあるかも!?
初恵(仮名):これまで言えなかったんだけど、わたし、へそくりしてたの。
隆夫(仮名):え、いつから?何のために?(いくらくらいあるんだ!?)
初恵(仮名):ええ、結婚当初から。だって、いつ何があるかわからないし…
隆夫(仮名):そ、そうなんだ?(ということは結構溜まってるな…用途は何だろう。まさか離婚費用とかじゃないよな!?)
初恵(仮名):わたしの仕事のお給料の金額、実は話してたより多かったの。今、トータルで300万くらい溜まったわ。
これで仕事をやめようと思って。だって…(と恥ずかしそうにうつむく)
隆夫(仮名):は、初恵…!(まさか子どもが!?)
初恵(仮名):ええ、これを手付けにお店を始めようかと思って!もういろいろ見つけてあるの!
大丈夫、あなたがリストラされても、わたしが何とかしてあげる!
隆夫(仮名):ありがとうございます…
【3】パートナーへの告白 の受付は終了しました
123456789 |*10 | 11121314
大嫌い
(これからは二人で一人前だ)
わたしが40半ばを過ぎて、忘れっぽくなった、老眼になった、疲れやすくなったと言ったら、貴方はそう言った。
相思相愛の奥さんなら、うれしい言葉かもしれないけど、私はドン引き。
だって、旦那のこと大嫌いだから。

私の親を、見下してた。入院しても見舞ってもくれなかった。障害のある子が生まれたのは、私のせいだと決めつけてただけじゃなくて、親や親戚とぐるになって、私の愛情不足、私の家系のせいで障害のある子どもが生まれたと責められた時も、まるで他人事のように知らん顔した。
なのに、他人には、私が育児を頑張ってくれてる、自分も出来るだけ育児に参加したいなどど心にも思ってないことをいい続けていた大嘘つきな人。


もうあなたとは暮らせない
みっこ様 (48)
売っちゃいました
昔むかしのお話。遠距離恋愛中だった彼が奮発してプレゼントしてくれた某ブランドの指輪。嬉しくって毎日眺めてはにこにこしていたけれど、体重が増え指にはまらまくなりタンスの肥やしになっていたのでリサイクルショップに持っていったら高値で買い取ってもらえました。金欠病だったから嬉しかった
とろ様 (40)
親の言うことは聞くべき
デキ婚だった私たち。
でも、やさしいあなたが好きだった。
だから結婚した。
でも、あなたは外面の天才で、
親はお金の無心だった。
貴方と貴方の両親が我が家にあいさつに来た夜、私は両親や身内から「あの親では、苦労するのが目に見える。あーいう親がいての長男との結婚。幸せになれるはずがない」と猛反対を受けた。でも、世間知らずだった私は自分の意思を貫いた。
が、親の言う通りだった。旦那となった彼は、旦那の親せき中からのいじめにあってる私を庇うこともしてくれなかった。親は、いつか息子に食べさせてもらおうと、ロクに働きもせず、生きてきて、お金をむさぼり取る。
そのうち私はうつ病を発症した。

デキ婚だったけど、すぐに流産した。
あの時親の言うことを聞いて、別れればよかった。

今は事情があって別れられない。
でも、必ず、別れれるタイミングが来ることを信じてる。

いつか言いたい。
あんたの親は異常だ。最低だ!
そして、あんたとは一生を、添い遂げる気持ちはない!
今に見てろ!
田んぼ違い様 (47)
愚直な弟よ
半沢直樹の台詞だけを聞くと、我が家にとって全く違和感の無い台詞ばかり・・・
何処で聞いたのか、考えてみるとすべて弟の言い回しそのものである事に気が付いた。
愚直な弟は、家族内でも常に闘争心をむき出し、
非を認めない者には、例え父親でも、涙を流すまで追い詰める!なんて言うのは、日常茶飯事なのである。
先日、私の仕事の兼ね合いで、弟の会社に訪問すると、受付のお嬢さんの対応が
まるで、ヤクザが乗り込んできたような様子。
会議室に通されて、先方と打ち合わせをしている内に、段々と場が和み、帰り際に
「あのー、本当にご兄弟ですか?」
と聞かれる始末・・・。
弟よ、お前は、会社でも同じ事をしているのか??
社会人として、攻めるだけでなく、半沢直樹のように、人を許す事も覚えろよ!
ただ攻めるだけでは、人は離れていくだけで、誰も味方にならないぞ!
半沢直樹を、見て、社会人としての人格を形成しろ!
とは言っても、本人も
「まるで、俺その物だ!」と自慢しているようでは、成長は、見込めない。
私の弟の上司の方には、心よりお詫び申し上げます。
そして、微塵の不正や、矛盾の無い言動を行うしか、穏やかに日々過ごす事が出来ません。
御社の社員の皆様が、日々穏やかにすごすことが出来るよう、心から祈るばかりです。
座布団亭主様 (38)
気づいてないあなた
あなたは気づいてないけどね、私は何度もあなたに裏切られた。二人で映画見に行ったときも、ポップコーンを買ったときも。
あなたが残ったポップコーンを私に押し付け無理やり食べさせようとした。でも、運よくあなたはトイレに行こうといった。
私はしめた!っと思い怒りと憎しみを全部ポップコーンにこめて捨ててやった。 ざまあみろって思ったけど、あなたと映画を見たことは絶対に忘れない。
マリー

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.