JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス

報道の魂
2020年3月1日 放送
photo
「土がくる ~規制なき負の産物の行方~」

「使っていない田んぼにリニアの建設残土を入れさせてほしい」と業者に頼まれた愛知県瀬戸市の土地所有者。

「高さ1mの盛土」と言う約束で、善意で土を受け入れたものの、気づいた時には、なんと高さ3mの土の山に。

そこで行政に相談したが、建設残土を規制する法律が無い事を理由に「民間同士の契約問題なので自分で解決を」と言う結論だった。

一方、三重県南部でも首都圏を中心に発生した建設残土が船で大量に持ち込まれ、山林に積まれている。ふもとでは雨が降ると残土が川に流れ込み濁ってしまうという訴えも。

いま、残土の処理に関する規制の条例がない全国の自治体を狙ってどんどんと土がやってくる。東京オリンピックなどのビッグプロジェクトを前に、その陰で起きている建設残土問題に対して、国はどう考えているのか?社会が本腰を入れて取り組むべきではないのかを問う。


制作:CBCテレビ
ディレクター:有本整

photo photo photo
「報道の魂」HPはこちら
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.