恋はつづくよどこまでも

キャストインタビュー CAST INTERVIEW

菅野海砂 役 堀田真由さん

Q. ここまで演じてきての感想をお願いします。

過去に出演した医療ものの作品では患者役しか演じたことがなかったのですが、患者さんを助けている看護師さんをずっと素敵だなと思っていたので、演じることになってうれしかったですね。海砂はみんなの話を中立をとって聞くことができる子。私も大人数でいるときに聞き役に回ることが多いので、雰囲気的にも自分に近い役だと感じて、役作りに悩むことなく演じることができています。メガネ姿が好評なのもうれしいですね。

写真

Q. 小児科の看護師役を演じていかがですか?

子どもが好きなので楽しいです。小児科は小さい子たちが集まっているので、撮影が始まる前から仲良くなれるように現場に置いてある撮影小物などを使って一緒に遊んでいます。ただ、撮影前に仲良くなっていても、本番になったら1歳くらいの小さい子だと眠くなって泣いてしまうことも。何だか申し訳ない気持ちになりました(苦笑)。

Q. 海砂の同期の七瀬、仁志、結華は恋をしています。

海砂は安定を求めていて、仕事を頑張りたい子なので、この作品中では恋愛をすることはないのかなと思います。ただ、6話で「別に恋してませんけど」って言うシーンがあったので、若干恋愛しているみんなに影響は受けているのかも。でも、七瀬役の(上白石)萌音ちゃんは、「(海砂は)裏設定できっと6年ぐらい付き合っている彼氏がいるよ」って言ってくれました(笑)。だから心に余裕があって、みんなの悩みを聞けるんだよって。
やっぱり七瀬ちゃんと天堂先生の恋愛はキュンキュンしますし、イチ視聴者としてもどうなっていくのか楽しみです。七瀬ちゃんは私たちの周りにもいそうな子だからこそ、漫画から飛び出してきたようなドSな天堂先生に立ち向かっていく姿に感情移入できるんだと思いますし、一緒に恋愛を楽しんでいます。本当に七瀬ちゃんを見ていると「言わなきゃ伝わらないんだな」と感じるので、すごく勇気をもらえています。

写真

Q. 現場の雰囲気はいかがですか?

循環器内科の方が人数が多いのでにぎやかなのは少し羨ましいですが、小児科には小児科の楽しさがあります。片瀬(那奈)さん演じる沙世子さんが結構コミカルな役なので、片瀬さんの勢いにお芝居を引っ張っていただいています(笑)。第6話で七瀬ちゃんが天堂先生を振り向かせた話をしたときに、「勇者だから突き進んでいけるんだよね」ってしっとりと言わなきゃいけないのに、片瀬さんのコミカルな演技が楽しすぎてついセリフが飛んじゃう、なんてこともありました(笑)。でも、それを皆さんが笑ってくださるので楽しいですね。七瀬たち同期4人でのシーンはあまりないのですが、萌音ちゃんも(吉川)愛ちゃんも実際の年齢があまり変わらないこともあって、たまに4人のシーンがあるとほっこります。1話の鍋をみんなで食べるシーンのときも、撮影が終わってもなかなかみんな帰らずに鍋を食べたり(笑)。本番前はみんなで他愛もないことを話していたのに、本番になるとキッチリとお芝居をこなすチーム感もあるので、その切り替えが皆さんすごいなと思います。

写真

Q. 今後の見どころをお願いします。

ほかのお仕事の現場に行っても、「“恋つづ”見てるよ」って言ってくださる方がたくさんいるんです。この前は番組でご一緒させていただいている片平なぎささんが「見てるよ」って言ってくださったのがすごくうれしくて。皆さん今後の展開を楽しみに待ってくださってますし、私自身も楽しみです。七瀬ちゃんと天堂先生は付き合うことにはなったけれど、ライバルが出てきたりと目が離せないですね。海砂ちゃんとしては、「恋してない」と言ってましたけど、萌音ちゃんが「海砂ちゃんは6年間付き合っている彼氏がいる」という裏設定をせっかく作ってくれたので(笑)、そういう恋が作品に本当に出てきたらいいなと期待しています。あとは、香里奈さんともお話してたんですけど、海砂は結構おとなしいキャラクターなので、みんなでご飯を食べてるシーンで酔っ払って、いつも思ってることを包み隠さずにストレートにと言ったら面白いんじゃないかと。海砂ちゃんが酔っぱらってメガネを外したら、人が変わって本音を話しちゃうとかやれたら面白いかもしれないですね(笑)。

Back Number

  • 写真堀田真由さん
  • 写真吉川愛さん
  • 写真渡邊圭祐さん
  • 写真昴生さん
  • 写真毎熊克哉さん
  • 写真佐藤健さん
  • 写真上白石萌音さん

Back to Top