鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

出演

【声の出演】朴ロ美、釘宮理恵、高本めぐみ、三木眞一郎、折笠富美子、内海賢二、藤原啓治、うえだゆうじ、佐藤美一、柿原徹也、浜田賢二、名塚佳織、柴田秀勝、三宅健太、井上喜久子、白鳥哲、高山みなみ、吉野裕行、沢海陽子、中井和哉、大友龍三郎 ほか

  • 放送未定

2003年にテレビアニメ化され、続いて劇場版も公開されるなど世界的に一大旋風を巻き起こした荒川弘原作「鋼の錬金術師」。その第2期「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」がTBSチャンネルに登場!錬金術最大の禁忌を侵し、大きな代償を負ったエドとアルの兄弟が、失った体を取り戻すための旅へと出発する。今作では、主人公・エルリック兄弟の絆を中心に、錬金術の有り様、軍事国家で繰り広げられる謀略、多種多様な登場人物たちの心情を丁寧に描き、“ハガレン”の多角的な魅力を表現。複雑に絡み合う謎や次々と巻き起こる悲劇に翻弄されながらも、前向きに立ち向かっていく兄弟の姿。ミステリアスなストーリーとキャラクターたちのドラマの絡み合いが、最大のみどころとなっている。また、YUI、スキマスイッチ、CHEMISTRYら人気アーティストがそれぞれテーマ曲を担当。

【ストーリー】
錬金術、それは「等価交換」の原則のもと、物質を理解、分解、そして再構築する、この世界で最先端の学術である。エドワードとその弟アルフォンスは、幼い日に亡くなった母親を思うあまり、死んだ人間を蘇らせるという錬金術最大の禁忌、人体錬成を行ってしまう。だが錬成は失敗。失った体の代わりに機械鎧(オートメイル)をまとい、「鋼の錬金術師」の名を背負った兄・エドワードと、巨大な鎧に魂を定着させられた弟・アルフォンスは、失った体を取り戻すために絶大な力を持つといわれる「賢者の石」を探す旅に出る。「賢者の石」の真実に近づくにつれ、大きな陰謀の渦中へと突き進んでいく二人。暗躍する“人”ならざる者たちの存在。そして、徐々にその本性をむき出しにする軍事国家アメストリス。絶望と希望の狭間の中、二人の行く手に待ち受けるのは…?

番組基本情報

  • 制作年 : 2009年
  • 全話数 : 64話
  • 制作 : 鋼の錬金術師製作委員会・MBS
  • プロデューサー : 丸山博雄、米内則智、倉重寛之、大山良
  • ディレクター・監督 : 入江泰浩
  • 原作 : 荒川弘
  • 脚本 : シリーズ構成:大野木寛
  • その他 : ※朴ロ美の「ロ」は正式には、「王へんに路」です。システムの都合上「ロ」となっています。

エピソードリスト

#1 鋼の錬金術師

#1 鋼の錬金術師

「氷結の錬金術師」アイザックがセントラルに姿を現す。彼を捕縛するため、「鋼の錬金術師」エドワード・エルリックとその弟アルフォンス・エルリックらが動き出す。

#2 はじまりの日

#2 はじまりの日

エドとアルは、優しかった母を蘇らせるため、最大の禁忌とされていた「人体錬成」に挑む。だがそこで待っていたのは、あまりにも大きすぎる代償だった。

#3 邪教の街

#3 邪教の街

「奇跡の業」を使うという教主の話を聞き、リオールという街にやって来たエドとアル。そのレト教教主・コーネロは、等価交換の原則に反した錬金術を行っていた。

#4 錬金術師の苦悩

#4 錬金術師の苦悩

ロイより「綴命の錬金術師」ショウ・タッカーを紹介されたエドとアル。タッカーは2年前、人語を解する合成獣(キメラ)の錬成に成功した生体錬成の権威であった。

#5 哀しみの雨

#5 哀しみの雨

アメストリス全土を騒がす、神出鬼没にして国家錬金術師ばかりを殺害する謎の人物「傷の男(スカー)」がイーストシティに現れた。エドとアルは偶然そのスカーと遭遇する。

#6 希望の道

#6 希望の道

かつて軍の研究所で錬金術を医療に応用する研究をしていたマルコー。彼の元を訪れたエドたちは、そこで彼が軍の命令で「賢者の石」について研究していたという事実を知る。

#7 隠された真実

#7 隠された真実

マルコーの研究資料を探しに国立中央図書館第一分館へやって来たエドとアル。だが彼らが見たものは、すっかり全焼した分館の跡だった。

#8 第五研究所

#8 第五研究所

賢者の石の真実を探るため元第五研究所へ忍び込んだエドは、そこで床に描かれた賢者の石の錬成陣を発見する。その時、鎧に身を包んだ男、ナンバー48がエドに襲い掛かかる。

#9 創られた想い

#9 創られた想い

アルはバリーが放った一言により心を乱されていた。拭い去れない疑惑は、徐々に波紋を広げ、崩れる事のなかった兄弟たちの絆を綻ばせていくのだった…。

#10 それぞれの行く先

#10 それぞれの行く先

第五研究所の顛末をアームストロングたちに話すエドとアル。人柱、賢者の石の錬成陣、ウロボロスの入れ墨を持つ者たち…。そこへ、大総統キング・ブラッドレイが現れる。

#11 ラッシュバレーの奇跡

#11 ラッシュバレーの奇跡

ウィンリィたっての希望で、機械鎧技師たちの聖地「ラッシュバレー」を訪れたエドとアル。到着早々国家錬金術師の証である銀時計をパニーニャという少女に盗まれてしまう。

#12 一は全、全は一

#12 一は全、全は一

ダブリスに到着したエドとアルは師匠・イズミとの久方ぶりの再会を果たす。邂逅の余韻覚めやらぬ中、エドはイズミより父・ホーエンハイムの消息を伝え聞くことに。

#13 ダブリスの獣たち

#13 ダブリスの獣たち

ついにセントラルへ異動となったロイ。一方、ホムンクルスたちに重傷を負わされたスカーも、セントラルへ向かうべく行動を再開する。

#14 地下にひそむ者たち

#14 地下にひそむ者たち

イズミの乱入によりグリードとの戦いは転機を迎える。だがそこへ、キング・ブラッドレイ率いる国軍が突入し、グリード一派らの殲滅を開始する。

#15 東方の使者

#15 東方の使者

スカーとヨキの前に謎の少女、メイが現れる。「錬丹術」という不思議な術を使う彼女は東の大国・シンから、不老不死の法を求め、アメストリスへやって来たと話す。

#16 戦友の足跡

#16 戦友の足跡

ヒューズに会うためウィンリィと共にセントラルへやってきたエドとアルは、軍部で再会したマリア・ロスよりヒューズが死んだという衝撃の事実を告げられる。

#17 冷徹な焔

#17 冷徹な焔

ヒューズ殺害の犯人として軍に拘束されたロス。彼女に不利な状況が続く中、なんとバリーがその留置所を襲撃し、居合わせたリンとともにロスを連れて逃亡する。

#18 小さな人間の傲慢な掌

#18 小さな人間の傲慢な掌

ロイの命令で、アームストロングと共にリゼンブールへ向かったエド。ところが到着早々、ブレダの手引きでなんと秘密裏に伝説の王都・クセルクセス遺跡へと旅立つことに。

#19 死なざる者の死

#19 死なざる者の死

ホムンクルス達に仕掛けたロイの作戦が大詰めを迎えた。自らの肉体を探すバリーを追って、ハボックやアルと共に第三研究所の地下へと潜入するロイたちは…。

#20 墓前の父

#20 墓前の父

エドとアルの父ヴァン・ホーエンハイムが久方ぶりにリゼンブールへ戻ってきた。だが母トリシャに多大な苦労をかけた彼に、エドは憎悪の感情を隠さない。

#21 愚者の前進

#21 愚者の前進

ラストの一件で入院するロイとハボックを見舞いに訪れたエドとアル。そこで彼らは、ホムンクルスたちの根城と予想される範囲の一部に、大総統官邸が入っている事を知る。

#22 遠くの背中

#22 遠くの背中

グレイシアと共にヒューズの墓参りに行ったウィンリィは、その帰り道、エドとアルがスカーと戦っている事を知る。急ぎ現場へと向かうウィンリィだったが…。

#23 戦場の少女

#23 戦場の少女

ホムンクルスを捕らえるため、傷心のウィンリィを軍に託し、再びスカーとの戦いに赴くエドとアル。そしてそんなエドたちと共闘するロイやホークアイらも現場へと動き出す。

#24 腹の中

#24 腹の中

暴走したグラトニーを止めようとするエド、アル、リンだったが、見境無くすべてを“飲み込む”グラトニーに成す術がない。そのうえ戦いの最中、リンは異様な気配に気づく。

#25 闇の扉

#25 闇の扉

グラトニーに飲み込まれてしまったエド。気づいた所は、果てしない血の海と暗闇が広がる不思議な空間であった。なんとかリンと再会するも、脱出の手がかりはなく…。

#26 再会

#26 再会

“お父様”に会うため、グラトニーと共にホムンクルス達のアジトへ向かうアルとシャオメイ。途中、シャオメイを探すメイとスカーも、彼らの後を追い地下へと潜入する。

#27 狭間の宴

#27 狭間の宴

どこかの村の祭り。それを見つめるホーエンハイムにピナコ・ロックベルという一人の若い女が酒を持ってくる。二人は、この国の在り方やエドたちの旅路について話し出す。

#28 おとうさま

#28 おとうさま

グラトニーの案内で「お父様」の所へ着いたアルとシャオメイ。その時突然グラトニーの腹が裂け、中からエド、リン、エンヴィーが現れる。

#29 愚者の足掻き

#29 愚者の足掻き

エンヴィーたちに捕まったエドとアルは、お父様の指示で中央司令部のブラッドレイの元へ連れて行かれる。エドは国家錬金術師の資格を返上するとブラッドレイに告げるが…。

#30 イシュヴァール殲滅戦

#30 イシュヴァール殲滅戦

借りた銃を返しにホークアイのアパートを訪れたエド。彼はホークアイに、戦いの中敵に対し銃が撃てなかった事実を告げる。

#31 520センズの約束

#31 520センズの約束

ホークアイの元を発ったエドは街中でアルと再会。イシュヴァール戦後、エドは自分たちも失った体を取り戻す決意を新たにする。

#32 大総統の息子

#32 大総統の息子

メイの行方が掴めないエドの元へアームストロングがやって来る。アームストロングは自筆の紹介状を渡し、北へ着いたら真っ先にブリッグズ要塞の将軍に会えと指示する。

#33 ブリッグズの北壁

#33 ブリッグズの北壁

スカーとマルコーの跡を追い、西へ向かったキンブリーと捜索隊の一行。錯綜する情報の中で、キンブリーはスカーが西経由で北へ向かうと推理する。

#34 氷の女王

#34 氷の女王

ようやくブリッグズ要塞に辿りついたエドとアルは、早速そこの指揮官・オリヴィエに自分たちがここに来た経緯と目的を話しメイ捜索のための協力を願う。

#35 この国のかたち

#35 この国のかたち

襲撃してきたホムンクルス・スロウスに“ブリッグズ流”の反撃を始めるオリヴィエたち。 それは全てを凍てつかせるブリッグズの風土を利用した驚くべきものであった。

#36 家族の肖像

#36 家族の肖像

人気のない山中で一人佇むホーエンハイム。胸に指を突き立て、体内より赤い血の塊を解き放つ彼の脳裏には、在りし日の家族の思い出が甦っていた。

#37 始まりの人造人間

#37 始まりの人造人間

ブラッドレイの策略でブリッグズ要塞へ連れて来られたウィンリィ。エドとアルは、改めて自分たちの存在がホムンクルスら、敵側の手の内にある事を強く感じる。

#38 バズクールの激闘

#38 バズクールの激闘

スカーを捕まえるためバズクールという街に来たエドたち。各所が手分けして探す中、エドとアルは軍の目を盗んで、独自にスカーを彼と一緒にいるメイ共々探し出そうとする。

#39 白昼の夢

#39 白昼の夢

エドとアルの奮闘により捕らえられたスカー。自分の両親を殺した彼に、ウィンリィはなんと傷の手当てを施す。「俺を許すのか」と尋ねるスカーにウィンリィは…。

#40 フラスコの中の小人

#40 フラスコの中の小人

ブラッドレイの命令で中央司令部へ召喚されたオリヴィエ。突破口を開くため、彼女はあえてブラッドレイの懐へ飛び込み、軍上層部に籍を置く。

#41 奈落

#41 奈落

キンブリーとその部下たちを始末しようと動き出すマイルズらブリッグズ要塞の面々。エドはなんとか彼を生かしたまま捕らえる事を提案するが、マイルズに一喝されてしまう。

#42 反撃の兆し

#42 反撃の兆し

突如意識を失ったアルを抱え、道中の山小屋へ立ち寄ったウィンリィたち。そこで休憩がてら、メイとマルコーはスカーの兄の書を読み解こうと試みる。

#43 蟻のひと噛み

#43 蟻のひと噛み

アスベックというイシュヴァール人達のスラムに身を寄せていたマルコーたちのもとへ、ザンパノから居場所を知らされたエンヴィーがやってくる。

#44 バリンバリンの全開

#44 バリンバリンの全開

リオールにてホーエンハイムと再会したアルたち一行。アルはホーエンハイムに、これまでのいきさつや、エドが現在行方不明になっていることを話す。

#45 約束の日

#45 約束の日

シンへ帰るため東部の街ユースウェルへ立ち寄ったメイは、街の人々から手厚いもてなしを受ける。アメストリスの人々を見捨て自国へ戻る事に躊躇していた彼女の心は揺れ…。

#46 迫る影

#46 迫る影

「約束の日」を前にリゼンブールの自宅へ戻ったウィンリィは、そこでエドと再会。一方、秘密裏に東部へ来ていたアルは潜伏先で再び肉体に魂が引っ張られる感覚に襲われる。

#47 闇の使者

#47 闇の使者

カナマという集落にて、エド達一行はホーエンハイムと再会する。その後、エドはホーエンハイムに、ピナコより頼まれていた母トリシャからの遺言を伝える。

#48 地下道の誓い

#48 地下道の誓い

見事な復活を遂げたランファンの手助けで、一挙に形勢逆転を果たしたエドたち。だがその頃、別の場所ではハインケルがプライドに苦戦を強いられていた。

#49 親子の情

#49 親子の情

非情な手段でグラトニーの能力を手に入れたプライド。その力の前にエド達は成す術なく追い詰められてしまう。その頃、別の場所でようやく息を吹き返したアルは…。

#50 セントラル動乱

#50 セントラル動乱

ブラッドレイ夫人を人質に取り、中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、セントラル全域を巻き込んだ激しい市街戦に突入する。

#51 不死の軍団

#51 不死の軍団

軍上層部により、ついに解き放たれた大量の人形兵たち。死をも恐れぬ不死身の一群は、本来従うべき軍上層部の人間をも食い殺し、エドたちの元へ一斉に襲い掛かる。

#52 みんなの力

#52 みんなの力

ついに賢者の石の力を使うことを決意したアル。石に閉じ込められた魂たちの力を駆使して、プライドとキンブリー二人を相手に、アルは互角かつ怒涛の戦いを繰り広げる。

#53 復讐の炎

#53 復讐の炎

中央司令部地下で大量の人形兵たちと戦うエドやスカーたちの元に、ロイとホークアイ、そしてメイと彼女を追いかけてきたエンヴィーが現れる。

#54 烈火の先に

#54 烈火の先に

エンヴィーの仕掛けた卑劣な罠を、絶妙なコンビネーションで乗り切っていくロイとホークアイ。ついに限界を越したエンヴィーは再び小さなトカゲのような姿になってしまう。

#55 大人たちの生き様

#55 大人たちの生き様

ついに中央司令部本部を占領したバッカニアらブリッグズ軍。その頃、生き残った中央軍の兵士らと共に大量の人形兵と戦うオリヴィエとアームストロングだったが…。

#56 大総統の帰還

#56 大総統の帰還

お父様と対峙したホーエンハイム。自らの中にある53万6329人の魂たちと対話を終えていたホーエンハイムは、彼らを使って、お父様の身体を内側より破壊しようとする。

#57 永遠の暇

#57 永遠の暇

中央司令部入口にてブラッドレイと戦うグリードとフー。しかし二人がかりでかかってもブラッドレイを倒せず、逆にフーが斬られてしまう。

#58 ひとばしら

#58 ひとばしら

フーとバッカニアの命がけの連携、そしてランファンやブリッグズ兵らの手助けで、ついにグリードはブラッドレイを城壁より叩き落とす事に成功する。

#59 失われた光

#59 失われた光

金歯医者とロイの対決の場所へ、一瞬の隙を突きメイやザンパノたちが襲来。一挙にその場の形勢を逆転させるが、そこへ死んだと思われていたブラッドレイが姿を現す。

#60 天の瞳、地の扉

#60 天の瞳、地の扉

ついに5人の人柱がお父様のもとに出揃う。だがエドやアルたちはあきらめず、メイ共々、国土錬成陣の発動までにお父様やセリムを倒そうとする。

#61 神を呑みこみし者

#61 神を呑みこみし者

アメストリス国民全員の命を使い、天の扉から強大な力を引き出したお父様。 彼はそれを「神の力」と呼んだ。すべてが絶望的になったと思われたその時…。

#62 凄絶なる反撃

#62 凄絶なる反撃

ホーエンハイムの策略により身体からアメストリス国民の魂を失ったお父様だったが、自身の中にある神の力を保持し続けるため、魂を得ようとする。

#63 扉の向こう側

#63 扉の向こう側

アメストリスの命運をかけた最後の戦い!

#64 旅路の涯

#64 旅路の涯

エド、アルの長い旅路がいま終わりを迎える。

さらに読み込む

TBS1 TBS2