水戸黄門・第2部

出演

東野英治郎、杉良太郎、横内正、中谷一郎、高橋元太郎、宮園純子、山形勲、永田靖、伊藤栄子、村井国夫 ほか【語り手】芥川隆行

  • 放送未定

国民的時代劇シリーズ「水戸黄門」第2部。奥州の津軽、南部両藩の紛争に乗じて、その取潰しを企む柳沢吉保。その陰謀を砕くべく、黄門様一行は旅に出る。前作が好評で視聴者のニーズによる制作された第2部は、33回平均で30.2%という高視聴率をマーク。また第1部にはいなかった三枚目キャラクター、うっかり八兵衛が初登場した。さらに、シリーズ終盤(第14、27、29、30、31、32回)には準レギュラーの形で、大原麗子が出演している。

第1部では江戸から西が黄門主従の旅路となったのに対し、第2部では水戸から北へ、いわゆる陸奥が活躍の舞台となる。由来東北は、民謡・民芸品・民族芸能の宝庫といわれているが、それら色濃いローカル色が第2部の特徴である。

番組基本情報

  • 制作年 : 1970年
  • 全話数 : 32話
  • 制作 : C.A.L
  • ディレクター・監督 : 山内鉄也、内出好吉 ほか
  • 脚本 : 宮川一郎、津田幸夫、葉村彰子 ほか
  • その他 : ※#25は欠番

エピソードリスト

#1 旅立ち・水戸

#1 旅立ち・水戸

永い旅を終え、水戸で元の生活に戻って久しい老公主従。しかし、御老公(東野英治郎)は、再び旅に出たくてうずうずし始める。

#2 暗殺・郡山

#2 暗殺・郡山

老公主従は郡山に入った。だが、彼等より一足早く、津軽藩からの使者が到着していた。棚倉藩は、その“老公主従を殺せ”という嚇しに手も足も出ない。

#3 暁の乱斗・福島

#3 暁の乱斗・福島

福島の代官は悪代官。あまりに無謀な税の引き上げに、再検地願いを出した男が、一揆の張本人とでつちあげられ引きたてられた。彼を奪い返そうとする百姓達にも黒い罠が…。

#4 漆三代・会津若松

#4 漆三代・会津若松

会津若松の名産は会津塗り。しかし名人は酒びたり。実は次席家老が不良品を多量に作り、他国へ流していた。それを知った老公主従は、会津塗りの伝統を守ろうと力を尽くす。

#5 身替り花婿・米沢

#5 身替り花婿・米沢

米沢にやってきた老公主従。ここで格之進(横内正)は大変な役目を与えられた。なんと身替り婿になれというのだ。

#6 仇討ち無情・松島

#6 仇討ち無情・松島

兄の仇を探す二人の姉弟。目指す相手は松島にいた。彼は、彼等の兄の親友でもあり、姉の方の恋人でもあった。ある日、不可抗力から親友を斬ってしまったのだ。

#7 人情・鬼剣舞・花巻

#7 人情・鬼剣舞・花巻

花巻での祭りの夜に、御老公(東野英治郎)に向けられた刃。それは、ある大工のものだった。根は正直な大工はすぐに罪を悔いたことから、御老公も彼を許すが…。

#8 竹とんぼ・八戸

#8 竹とんぼ・八戸

城下町八戸で、竹とんぼを作って売る浪人。彼は、数年前に妻を手籠にした男を斬って以来、妻と娘をおいて、剣一筋放浪の旅を続けていた。

#9 流血の谷・弘前

#9 流血の谷・弘前

国民的時代劇シリーズ「水戸黄門」第2部。奥州の津軽、南部両藩の紛争に乗じて、その取潰しを企む柳沢吉保。その陰謀を砕くべく、黄門様一行は旅に出る。

#10 対決・弘前

#10 対決・弘前

助さん(杉良太郎)、格さん(横内正)等の苦心が実り、御老公(東野英治郎)の前で顔を合わせた両藩主。そこでまた口論を始めるが…。

#11 四人の無法者・能代

#11 四人の無法者・能代

能代春慶塗りの完成に心血を注ぐ一人の職人。数年前に盗人から足を洗った彼には孫があった。孫の父親は番頭で、店への義理の為に職人の娘と別れた。

#12 黒い誓約書・久保田

#12 黒い誓約書・久保田

老公主従がひょんなことから手にした一枚の紙切れ。それは、笹竹藩城代家老が城下隋一の米問屋と組んで藩札の両替を差し止める際の誓約書の一部だった。

#13 仇討ち角兵衛獅子・新庄

#13 仇討ち角兵衛獅子・新庄

城下町新庄で、角兵衛獅子をしながら仇の帰りを待つ幼い兄妹。しかし、いくらやっても上達しない二人は、毎日親方に叱られっぱなし。そんなある日、仇が町に帰って来た。

#14 女将棋師・天童

#14 女将棋師・天童

八兵衛(高橋元太郎)が、女将棋さしと賭将棋の末に一文無し。さらに御老公(東野英治郎)の財布まで狙ったその女スリは、牢で出会った女強盗になりすます。

#15 叱られた黄門さま・山形

#15 叱られた黄門さま・山形

山形にやって来た老公主従、俵に腰かけひと休み。そこを農家のおばばに見つかり大目玉。“藩の悪口を言った”と格之進(横内正)は役人に捕えられてしまう。

#16 佐渡恋情・佐渡

#16 佐渡恋情・佐渡

天領佐渡での恋の鞘当て。振矩師の娘は器量良し。兄弟弟子でもめる中、奉行が見染めて大混乱。しかし娘が好きなのは初めから弟弟子。それを知った兄弟子が…。

#17 縄張荒らし・新潟

#17 縄張荒らし・新潟

新潟は漁業の町磯浜。そこには、対立する二つの網元があった…。手も足も出せずに苦しんでいる相手を、老公主従と共に助け起こす。愛が正義を救った話。

#18 母子追分・追分

#18 母子追分・追分

老公主従が小諸で聴いた母子追分。夫の博打の借金代わりに遊女屋で働く女。その子供が病気になり、看病の為に夜逃げを計る。一方夫は、女を足抜きさせようと…。

#19 浪人街の決斗・諏訪

#19 浪人街の決斗・諏訪

祭りも近い下諏訪の町。名を変え潜むは殿の目付。それを見破ったのは、暴徒から賄賂を受け取っていた藩士達。さらに“目付は格之進である”ということになってしまい…。

#20 喧嘩買います・木曽福島

#20 喧嘩買います・木曽福島

木曽は木どころ檜の香り。ここにも二つの材木問屋があった。それに巻き込まれたのは一人の老浪人。切り出しで日銭を稼ごうとして殺されてしまったのだ。

#21 泣くものか・大井

#21 泣くものか・大井

着物を盗まれた老公主従を助けたのは小さな馬子。彼は、昔父が仕えていた丹波の殿の気嫌を損ね、離れ離れになった母に会いに行く途中だという。

#22 怒れ!格さん・垂井

#22 怒れ!格さん・垂井

金を目当てに御老公(東野英治郎)の命を狙った男を斬ってしまった格之進(横内正)。垂井の男の実家へ形見を届けに行くと、それを乗っ取ろうとする駕籠屋と役人がいた。

#23 謀略の渦・福井

#23 謀略の渦・福井

越前福井の家督騒動。藩主の病弱をいいことに、自分達の子供を殿の嫡子と偽り、藩の乗っ取りをたくらむ城代家老と側室。そして、殿の甥を立てようとする重役派。

#24 悪い奴ら・宮津

#24 悪い奴ら・宮津

丹後は宮津で、祖母と孫娘が経営する料亭。その店と孫娘を狙う悪人達。亡き父が博打で作ったという借金の、偽の証文を見せられて、娘は店の為に嫁に行く決心をする。

#26 帰って来た旅烏・浜田

#26 帰って来た旅烏・浜田

イカサマのまかり通る賭場を足蹴に消え失せる旅人の威勢の良さが老公主従の目に爽やかに映る。

#27 密命おびて・萩

#27 密命おびて・萩

些細なことで助さん(杉良太郎)と喧嘩別れした老公(東野英治郎)は、謎の虚無僧に襲われた武士から死に際に、「会わせたい娘がいる」と聞かされる。

#28 裏切り・小倉

#28 裏切り・小倉

お家騒動の仲裁に老公(東野英治郎)の裁断を仰ぐべく、老公を導いて海を渡る弥生。小倉では廻船問屋が厳しい警戒線から一行を護るが、程なく主人は代官所に召し取られる。

#29 にせ黄門現わる・福岡

#29 にせ黄門現わる・福岡

旅籠に現われた偽の御老公一行。そうとは知らず、仇討ちの娘と若党が助けを求めて偽老公を弱らせる。 ちょうど、同じ宿に泊り合わせた老公主従は…。

#30 隠密兄妹・佐賀

#30 隠密兄妹・佐賀

弥生の急病で足を止めた佐賀藩の鉄砲隊の威力には老公も唸る。弥生(大原麗子)の窮状を救われたのが縁で、一行は薬種問屋の兄妹の厄介になる。

#31 家宝奪還作戦・柳河

#31 家宝奪還作戦・柳河

旅に疲れた老公(東野英治郎)に天下一の茶を立てた藩主家老の養女。互いに恋するこの娘と侍の仲を嫉み、家老の失脚を目論む剣術指南役は、家宝の茶碗紛失を演出する。

#32 小太刀の女・久留米

#32 小太刀の女・久留米

とうとう老公主従を久留米領に入れた弥生(大原麗子)。その行動は彼女ひとりの筋立てであった。そんな弥生の父は、世継ぎの推挙で大方に反し病弱な嫡男を推す幽閉の身だ。

#33 お犬さま罷り通る・江戸

#33 お犬さま罷り通る・江戸

久しぶりに戻った江戸の町。まかり通る生類憐れみの令にうんざりの江戸っ子達。助さん(杉良太郎)はじめ老公(東野英治郎)までが命を賭けてこの無法を正さんと決意する。

さらに読み込む

TBS1 TBS2