ザ・サスペンス「残酷な旅路」

出演

樋口可南子、鹿賀丈史、山形勲、谷川みゆき、吉行和子、山谷初男、高津住男 ほか

  • 放送未定

山村美沙原作の異常な一族の性的犯罪を描いたサスペンスドラマ。父の入院費用のために61歳の会社社長の家に嫁いだ23歳の美しき女性が、会社社長の娘婿と秘密の情事を重ねる。最後の情事として旅出る二人。しかし、そこで何者かに証拠の写真を撮られる。複雑な人間関係の中で、殺人事件が発生するが…。61歳の社長の元に嫁ぐ美しい女性を樋口可南子が演じ、娘婿役の鹿賀丈史と秘密の情事を重ねていくシーンは見どころのひとつ。

【ストーリー】
23歳の美しい亜沙子(樋口可南子)は、入院中の父にかかる多額の治療費のために61歳の会社社長・西園秀之助(山形勲)の元に稼いでいた。しかし亜沙子は、秀之助の娘万里(谷川みゆき)の夫である達也(鹿賀丈史)と、秘密の情事を重ねていた。そんな折、万里が達也と争って里帰りした。万里は亜沙子に、達也に会って、彼の浮気と本心を確かめてほしいと頼む。亜沙子は達也に、西園家のためにも、自分たちは別れた方がいいと告げるが、達也は同意できず、最後のわがままとして、ふたりきりの旅行を提案した。旅行先で達也は、亜沙子と散歩している間、誰かに見られているような気がするといい、ふたりのスナップが収められたカメラも紛失していた。東京に戻った亜沙子は、買い物の途中、自分の籠の中に一枚の写真を見つけた。達也とふたりのスナップ写真だった。それから亜沙子の元には、男の声で写真のネガをエサに、強迫電話がかかるようになる。

番組基本情報

  • 制作年 : 1983年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 大映テレビ/TBS
  • プロデューサー : 野木小四郎、忠隈昌
  • ディレクター・監督 : 井上芳夫
  • 原作 : 山村美沙
  • 脚本 : 佐藤繁子
  • その他 : ※樋口可南子の「樋」は正式には、点が二つのしんにょうです。システムの都合上「樋」となっております。
TBS1 TBS2