超不思議物語

出演

第1話「懐かしい人々」萬田久子、エド山口 第2話「私が愛した魔女」薬丸裕英、コービー・ディドウル 第3話「すると俺は」山下真司、真行寺君枝 ほか

  • 放送未定

南フランスを舞台に、3人の男女がそれぞれに遭遇する不思議な出来事をオムニバス形式で描く。第1話は、萬田久子がキャリアウーマン役、第2話は、薬丸裕英が観光案内人役、第3話は、山下真司が売れない写真家に扮し、それぞれ主演を演じる。

【ストーリー】
第1話「懐かしい人々」
真理(萬田久子)は有能なキャリアウーマン。両親は15年前に他界した。父・賢造(泉谷しげる)が家庭を省みなかったためか、真理は結婚に夢をもてない。修平(エド山口)の求婚も断わり、お腹の子供をおろすつもりでいた。出張で、真理は生まれ故郷の南仏へ。そこで5歳の自分自身と、母の美和子(秋篠美帆)に出会う。真理が手に取った新聞の日付は1962年だった…。
第2話「私が愛した魔女」
フリーの観光案内人・五郎(薬丸裕英)は、仕事を求めて南仏を訪れた。仕事は遅刻や物品の破損など不運続き。落ち込む五郎だが、ウェートレスのジャンヌ(コービー・ディドウル)と恋に落ちた。すると、仕事が殺到、カジノで大もうけと幸運が次々に起こり始める。
第3話「すると俺は」
売れない写真家の矢島(山下真司)は、社長令嬢の美穂(井上彩名)にみそめられる。矢島は、年上の明子(真行寺 君枝)と結婚の約束をしていた。だが美穂の財力と明るさに惹かれ、明子を捨てた。美穂の援助のもと、矢島は南仏へ撮影旅行。旅先に明子と美穂が別々に訪ねてきた。同時刻に会う約束をした矢島は、悩んだ末…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1992年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 読売テレビ/出海企画
  • ディレクター・監督 : 下村優、田中知己、白井政一
  • 原作 : 弘兼憲史
  • 脚本 : 橋塚慎一、江頭美智留、田村隆
TBS1 TBS2