大島つむぎ殺人事件

出演

斉藤慶子、西村和彦、未来貴子、井上晴美、中野英雄、赤塚真人、萩尾みどり、倉石功、高杉亘 ほか

  • 放送未定

斉藤慶子主演。奄美大島で起きた謎の連続殺人を描くサスペンスドラマ。最愛の恋人を失った女性・江里子が、奄美の伝統工芸“紬”(つむぎ)の染色法に絡んだ事件の真相を究明する。熱の入った斉藤の演技に注目!神秘的なマングローブの原生林や珊瑚礁に囲まれた熱帯の海など、美しい映像も堪能できる。江里子とともに事件を追う北見役は西村和彦。ほか、未来貴子、井上晴美、中野英雄、高杉亘らが出演。1995年作品。

【ストーリー】
神秘的な亜熱帯の風景に魅せられて、奄美大島で写真を撮り続けている吾郎(高杉亘)。恋人の江里子(斉藤慶子)は、彼を訪ねて奄美に飛ぶ。その夜、彼女は吾郎からプロポーズされるはずだったが、吾郎は約束のホテルに現れず、翌日、紬(つむぎ)を染める泥田から死体で発見された。現場に残された小さな紬の布以外、手掛かりは何も無い。その布を吾郎に見せられたことがあった江里子は、吾郎の助手・北見(西村和彦)とともに再び奄美へ。吾郎が生前に撮った写真の情景と同じ場所を訪ね、紬を織る女性・洋子(未来貴子)と出会う。殺人現場の泥田に向かうと、加那(井上晴美)という謎めいた表情を持つ若い娘が線香を供えていた。彼女の案内で吾郎はこの土地で写真を撮っていたという。吾郎が撮影した場所に何かがある。江里子は神秘的なマングローブの原生林で、大島紬を製作する会社の社長の白骨化した死体を発見。しかも、殺人の手口は吾郎の時と同じく、棒状のものでの撲殺と断定された。

番組基本情報

  • 制作年 : 1995年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 大映テレビ/TBS
  • プロデューサー : 風間貴雄、川口武夫
  • ディレクター・監督 : 岡本弘
  • 原作 : 葛城範子
  • 脚本 : 林誠人
TBS1 TBS2