日曜劇場「かあさんの鈴」

出演

浜木綿子、山本学、池田直人、岡本信人、上村香子、中島元 ほか

  • 放送未定

『渡る世間は鬼ばかり』の橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当した名作ドラマ『母の鈴』を、同コンビが全面的にリメイク。緑内障で盲目になり絶望の淵に立たされた母が、夫と子どもの励ましで生きる希望を取り戻すまでを描く。浜木綿子が盲目の母・直子を、山本学が直子を支える夫・清之を好演。岡本信人が本作で新たに登場する直子の義弟・明に扮し、物語に彩りを添えた。1979年作品。

【ストーリー】
原発性緑内障にかかった直子(浜木綿子)は、手術をしたものの、目が見えなくなってしまった。絶望のあまりに自殺を図った直子だったが、夫・清之(山本学)の励ましにより、妻として母として、もう一度生きてみようと奮起する。清之や義弟の明(岡本信人)の心配をよそに、直子は他人の手を借りずに家事も、4歳の息子・信(池田直人)の世話もやり遂げようと訓練を始める。しかし幼い信に、母の目が見えなくなったことは言い出せずにいて…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1979年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 川俣公明
  • 脚本 : 橋田壽賀子
TBS1 TBS2