日曜劇場「限りある日を愛に生きて」

出演

大空真弓、中山仁、芦田伸介、乙羽信子、田村高広、真船道朗、富川徹夫、中村俊一、中北千枝子、青柳美枝子 ほか

  • 放送未定

橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当し、実話を基に描いた感動のドラマを前後編でお届け。不治の心臓病で余命宣告された女性と、文通で結ばれた苦学生の男性の愛を、大空真弓と中山仁の共演でつづる。大空演じる美子は残りわずかな命である運命から目を背けるため、奔放な生活を送っていた。しかし中山演じる男性・順との文通をきっかけに、自らの生き方を見つめ直していく。1967年作品。

【ストーリー】
心房と心室の間にある弁が完全にしまらないため心臓に負担がかかり、死に至る病…僧帽弁閉鎖不全症。これが21歳の伊東美子(大空真弓)に負わされた宿命だった。運命から目をそむけるため美子は奔放な生活を送り、男友だちとのむなしい交際を重ねてきた。そんな中、美子は手術のため入院して、新聞の投書欄の記事が縁で安永順(中山仁)という男性と文通を始める。美子は初めて誠実なひとりの男性の友情を知り、順の明るく思いやり深い心に惹かれていく。やがて2人は互いに愛情を通わせ、美子は彼との結婚を決意するが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1967年
  • 全話数 : 2話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 蟻川茂男
  • 原作 : 草薙実、草薙紀子
  • 脚本 : 橋田壽賀子
  • その他 : ※モノクロ作品です

エピソードリスト

#1 前篇

#1 前篇

生まれつき心臓が悪い伊東美子(大空真弓)は、自らの運命から目を背け、男友達と遊び歩く生活を送っていた。入院することになった美子に、全国から励ましの手紙が届き…。

#2 後篇

#2 後篇

美子(大空真弓)の手術は成功した。しかし美子は医師から10年の生命が限度と考えるよう言い渡される。美子は順との結婚を考えていたが、順は別れの手紙を美子に送る。

さらに読み込む

TBS1 TBS2