映画「クローズZERO」

出演

小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、高岡蒼甫、桐谷健太、渡辺大、深水元基、高橋努、鈴之助、遠藤要、上地雄輔、伊崎央登、伊崎右典、大東俊介、橋爪遼、小柳友、塩見三省、遠藤憲一、岸谷五朗、山田孝之 ほか

  • 放送未定

人気コミック「クローズ」(高橋ヒロシ/秋田書店 少年チャンピオンコミックス刊)のオリジナルストーリーを実写化した映画「クローズZERO」。不良高校生の争いを描き「月刊少年チャンピオン」で1991年から8年間に渡り連載された「クローズ」は、その続編「WORST」も同誌で好評連載中の人気作品だ。映画はコミック「クローズ」の主人公・坊屋春道の登場以前の物語を描く完全オリジナル版で、これまで描かれることのなかった“エピソードZERO”が、この映画で初めて語られる。キャストは小栗旬、山田孝之が雌雄を決する勢力のリーダー役として火花を散らすほか、高岡蒼甫、桐谷健太、上地雄輔、黒木メイサら人気の若手俳優、やべきょうすけ、岸谷五朗ら個性派俳優たちがズラリと顔を揃える。メガホンを執るのは日本映画界の鬼才・三池崇史監督。脚本は、小栗旬の初監督作品『シュアリー・サムデイ』(2010年)も担当した武藤将吾。2007年に全国公開され、動員190万人・興行収入25億円の大ヒットを記録した。

【ストーリー】
不良の巣窟・鈴蘭男子高等学校、通称“カラスの学校”。そこは、多くの派閥が勢力争いを繰り返し、覇権を握った者は、今だかつて誰もいない…。現在、鈴蘭の最大勢力は、“百獣の王”と呼ばれるほどケンカが強い芹沢多摩雄(山田孝之)率いる「芹沢軍団」。仲間の人望も厚いが、そんな芹沢でさえ鈴蘭を統一できずにいた。そんなある日、前人未到の鈴蘭制覇を狙う転入生・滝谷源治(小栗旬)が現れる。一匹狼の源治は、ふとしたことで知り合った鈴蘭OBのチンピラヤクザ・片桐拳(やべきょうすけ)と友情を深めるようになる。自分が果たせなかった鈴蘭制覇の夢を、いつしか源治に託すようになる拳。そんな拳の協力を得て、源治の元に強力な仲間たちが集まってきた。彼らは源治をリーダーに、新勢力「G・P・S(ゲンジ・パーフェクト・制覇)」を旗揚げする。こうして、鈴蘭の内部抗争はより一層激化。ついに源治と芹沢が雌雄を決する時がやってきた…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2007年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 高橋ヒロシ/「クローズZERO」製作委員会
  • プロデューサー : 山本又一朗
  • ディレクター・監督 : 三池崇史
  • 原作 : 高橋ヒロシ
  • 脚本 : 武藤将吾
  • その他 : ※原作者・高橋ヒロシの「高」は正式には、「はしごだか」です。システムの都合上「高」となっております。 ※伊崎右典、伊崎央登の「崎」は正式には、「大」が「立」です。システムの都合上「崎」となっております。
TBS1 TBS2