映画「余命1ヶ月の花嫁」

出演

榮倉奈々、瑛太、手塚理美、安田美沙子、大杉漣、津田寛治、田口トモロヲ、柄本明 ほか

  • 放送未定

2007年7月にTBSのニュース番組「イブニング・ファイブ」で放送され、大反響を呼んだドキュメント「余命1ヶ月の花嫁」。乳がんを患いながらも周囲の人たちの温かい愛に包まれながら24年の人生を生きた長島千恵さんと、彼女を支え続けた人たちを描いたドキュメント番組は、多くの人の感動を呼んだ。「生きること」「愛すること」を問いかけるこのドキュメントを、榮倉奈々と瑛太主演で実写映画化。見るものの涙を誘う感動の作品となっている。
【ストーリー】
イベントコンパニオンをしていた長島千恵(榮倉奈々)は23歳の秋、左胸にしこりがあるのを発見、乳がんとの診断をうける。時を同じくして、赤須太郎(瑛太)から交際を申し込まれ千恵は悩むが「一緒にがんと闘おう」という太郎の言葉に動かされ、交際をスタートさせる。しかし、がんの進行は止まらず、乳房切除の手術をせざるをえなくなる。それでも「治る」と信じた千恵は、SEの資格を取り再就職し、次第に病気のことは忘れていった。ところが、翌年3月、激しい咳と鋭い胸の痛みに襲われ、主治医の元に向かうと、胸膜、肺、骨にがんが転移していたのが判明。筆舌に尽くしがたい痛みとの闘い。しかし「治る」と信じて千恵が懸命に治療に励む中、献身的に看病する太郎、千恵の父・貞士(柄本明)、千恵の叔母・加代子(手塚理美)に千恵の余命があと1カ月だと告げられ…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2009年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : “April Bride”Project
  • プロデューサー : 平野隆
  • ディレクター・監督 : 廣木隆一
  • 脚本 : 斉藤ひろし
  • 主題歌 : 明日がくるなら
  • 歌手 : JUJU with JAY’ED
  • その他 : ※大杉漣の「漣」は正式には、点が二つのしんにょうです。システムの都合上「漣」となっております。
TBS1 TBS2