映画「さよならみどりちゃん」

出演

星野真里、西島秀俊、松尾敏伸、岩佐真悠子、藤沢大悟、中村愛美、千葉哲也、小山田サユリ、佐々木すみ江 ほか

  • 放送未定

リアルで切ない恋愛表現で絶賛される、南Q太の傑作コミック『さよならみどりちゃん』を映画初主演の星野真里で映画化。恋人のいる男を好きになってしまった少女の揺れる心情と、人を愛することのせつなさを描いた恋愛物語。共演は西島秀俊、岩佐真悠子、松尾敏伸ほか。瑞々しい青春映画で数多くの賞を受賞し、国際的にも高い評価を受けてきた古厩智之監督作品。2004年制作。

【ストーリー】
ひとりでいるのが好きなOLのゆうこ(星野真里)は友達なんかいなくたって、優しい恋人がひとりいればそれで十分だと思っていた。そしてユタカ(西島秀俊)のことが好きだった。だが初めてユタカとセックスした日、ゆうこはユタカに“みどりちゃん”という彼女がいることを知った。電話番号さえ知らず、人には恋人じゃないと紹介されるゆうこ。そしてユタカに勧められるままスナックでバイトを始め、辛いOLとの二重生活を送る。一方、ユタカのバイト先には若くて胸が大きく、ユタカの彼女になりたがっている後輩・真希(岩佐真悠子)がいた。可愛いけど、どこか頼りない太郎(松尾敏伸)は「ゆうこさん、好き」と言ってくれたが…。真希だけではなく、ちゃらんぽらんでイイ加減なユタカの周りには、女の影がチラチラしていた。でも、なぜかユタカは必ずゆうこのところへ戻ってくる。ある日、ゆうこはスナックのバイト終わりに酔った客にうるさく付きまとわれ、そしてゆうこに“みどりちゃん”とユタカが一緒にタクシーに乗り込むのが見えた。ゆうこの中で何かが弾けた。

番組基本情報

  • 制作年 : 2005年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 「さよならみどりちゃん製作委員会」
  • プロデューサー : 丹羽多聞アンドリウ
  • ディレクター・監督 : 古厩智之
  • 原作 : 南Q太「さよなら みどりちゃん」
  • 脚本 : 渡辺千穂
  • 主題歌 : 14番目の月
  • 歌手 : 奥村愛子
TBS1 TBS2