映画「利休」

出演

三國連太郎、三田佳子、松本幸四郎、中村吉右衛門、田村亮、岸田今日子、北林谷栄、山口小夜子、坂東八十助、嵐圭史、中村橋之助、藤田芳子、観世栄夫、財津一郎、江波杏子、井川比佐志、山崎努 ほか

  • 放送未定

三國連太郎主演。織田信長と豊臣秀吉に茶頭として仕え、権力に対峙しながら激動の時代を生きた千利休の生涯をドラマティックに描く。利休を名優・三國連太郎、秀吉を山崎努が熱演するほか、三田佳子、松本幸四郎、中村吉右衛門、岸田今日子らが豪華共演。劇中に登場する桃山時代の一級美術品、当時を忠実に再現したセット、ワダエミがデザインした絢爛な衣装も話題となった。「砂の女」の勅使河原宏監督が、野上彌生子のベストセラー「秀吉と利休」を芥川賞作家・赤瀬川原平による脚本で映画化。1989年作品。

【ストーリー】
戦国大名の頂点に君臨し、南蛮貿易に力を入れていた頃の織田信長(松本幸四郎)に、のちに“茶聖”と呼ばれる千利休(三國連太郎)は茶頭として仕えていた。天正10年(1582年)6月、信長の重臣・明智光秀が京都・本能寺で反乱を起こし、信長は自決する。数年後、利休は信長の後継者として力を伸ばしてきた豊臣秀吉(山崎努)の茶頭となった。利休は“茶の湯”を通して全国の武将を魅了し、“わび”の極致とも言える京都・山崎の待庵をはじめ、贅の限りを尽くした黄金の茶室など、自らの壮大な世界を開花させていった。しかし、石田三成(坂東八十助)が台頭するにつれ、秀吉と利休の関係が狂い始める。周囲の状況が次第に移り変わる中で、黙々と創造の世界に身をおく利休。そんな利休の身を案ずる妻・りき(三田佳子)や友人たち。そして、ついに利休は秀吉と対決する時を迎える。

番組基本情報

  • 制作年 : 1989年
  • 全話数 : 1話
  • ディレクター・監督 : 勅使河原宏
  • 原作 : 野上彌生子
  • 脚本 : 赤瀬川原平
TBS1 TBS2