ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×鄭相一(1978年10月)

  • 放送未定

1978年10月15日に行われた具志堅用のV6戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×鄭相一」。この試合では、序盤からチャンピオンのパンチが挑戦者に炸裂!

【対戦カード】
●WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ
王者:具志堅用高(協栄)×鄭相一(韓国)

【開催日:1978年10月15日 蔵前国技館】
開始直後から具志堅は、非力な東洋太平洋王者・鄭にロープを背負わせる。スピードのあるリードブローを次々と叩きつけ、鄭の顔は早くも紅潮した。2R、右ストレートを打ち返してくる鄭に、具志堅は左構えからカウンターの左アッパーをボディーに打ち込み、さらに顔面への左アッパー、左ボディー・ストレートを自在に打ち込んで攻撃を強めた。4R、鄭のクリンチを振りほどいて、具志堅は右フックを決める。さらに具志堅は、左ストレートをボディー、顎へと打ち込んでロープに追い込み、ラウンド終了間際に、右フックでダウンを奪った。

番組基本情報

  • 制作年 : 1978年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • その他 : ※情報は1978年10月15日現在
TBS1 TBS2